マナー違反は嫌われてしまうかも?有名人と上手につながろう

SNSでは節度が大事

最近では有名人もSNSで情報を発信するようになり、簡単に双方向のコミュニケーションが可能になっています。しかし、中には節度をわきまえずに有名人に接触し、失礼なふるまいをしている人もいます。有名人も感情がありますから、見ず知らずの他人に失礼な振る舞いをされて気分を害し、SNSをやめてしまったり、ファンと交流してくれなくなったりということもあります。そうならないよう、節度をわきまえて上手にコミュニケーションしていきたいですね。

敬語は絶対に必要です

テレビを見ていると、テレビの中の有名人に向かって「そんなわけないじゃん!」「この人つまらない」などとついつい言ってしまいますよね。SNSもその延長で、テレビを見ているような調子で有名人に向かってメッセージを飛ばしてしまう人がいます。これはあまりにも想像力を欠いた行為なので慎みましょう。相手はこちらを知らない人です。もし相手が年下の有名人でもため口はもちろんNGですし、丁寧な言葉や敬語を使うことも必要です。

メッセージは10回に1度にしよう

SNSで有名人が何か情報を発信したとき、脊髄反射でメッセージを送ってしまっていないでしょうか?こちらにとって相手は一人ですが、相手は何万人ものファンを相手にしています。くだらないメッセージで手間を取らせてしまわないよう、「メッセージを送りたい!」と思っても10回に1度くらいに抑えましょう。また、読んでいてクスッときたり、頑張ろうと思えるようなメッセージを工夫するのも大事です。相手の身になってコミュニケーションするべきなのは、有名人も一般人も同じです。

山本英俊とは愛知県出身の著名人の1人です。パチンコ関係の会社の会長でもあり、また競馬業界においても活躍してます。