男性が注意したい性病とは?何があるのか?

男性が注意したい性病とは?クラミジア症

男性が注意したい性病とは、女性にも多いクラミジア症です。性交渉により感染する事が多く注意が必要です。症状としては排尿時の痛みと違和感があります。また、尿道にかゆみが見られますし、精巣が腫れて発熱する場合もあります。また、放置しておくとパートナーに感染させてしまいますし、不妊症の原因にも繋がるので早めの治療が必要です。男性は泌尿器科や性病科での検査後、投薬治療で治すことが出来ますのでパートナーと一緒に治療する事が大切です。

男性が注意したい性病とは?淋病

男性が注意したい性病とは、淋病があります。感染経路としては性交渉が多いです。1回の性交渉での感染率は30%と高いです。症状としては排尿や勃起の際に激しい痛みが生じるので正常な男性機能を果たすことが出来なくなる事が多いです。治療としては、1~2週間程度の抗生物質の服用が必要になります。時には注射も行います。自分だけでの判断で中止しない事が大切です。淋菌は完治しにくい性病なのでしっかりとした完治までの治療がとても大切になります。

男性が注意したい性病とは?性器ヘルペス

男性が注意したい性病とは、性器ヘルペスです。性器ヘルペスは陰茎の包皮内板に水疱が現れて、かゆみや痛みを伴います。水疱がある場合に性交渉を持つと相手に感染させてしまう事があるので早期治療が必要です。しかし、自然に治ってしまう場合もありますし、水疱が消滅する場合もあります。しかし、体内にウイルス自体が残っているので体力低下などでまた発病しますので、医師の許可が出るまで病院での治療が必要ですし、大切なものです。

最近、若者によるコンドーム未使用の安易なセックスが増えたため、性病にかかる若者が増えてますが、初回は抗生物質が効きますが、2回目以降耐性ができ効き目が弱くなり完治が難しくなります。